こどもの医療費助成制度がある自治体

地域によって、こどもの医療費を無料にすることで若い世代を呼び込もう!

と考える自治体もあります。

僕の勤めていた自治体では、中学生までの医療費が無料でした。

これは子供のいない家庭では不満があるかもしれませんが。。。

少子化の進む中で出生率が高めだったので、効果はあると感じていました。

実際、子育てする若い世代は収入も多くない場合もありますし。

医療費が軽減されたり、無料になる期間があると助かるのは間違いないですよね。

スポンサーリンク

こどもの医療費助成制度がある自治体

愛知県津島市

■対象

市内に住民登録があり、健康保険に加入している、0歳から18歳の年度末まで

保険診療の医療費の一部を助成するもの

石川県羽咋市

■対象

羽咋市に住民登録がある0歳から満18歳の人(18歳誕生日以後の最初の3月31日まで)

茨城県日立市

■対象

0歳から18歳の誕生日後の最初の3月31日までにあるかた

愛媛県西条市

■対象

西条市内在住、0歳から15歳になった日以後の最初の3月末日(中学校卒業年の3月31日)まで

大阪府大阪市

大阪市内にお住まいの、国民健康保険や被用者保険に加入している、0歳から15歳(中学校修了)までのこどもが対象

岐阜県岐阜市

■対象

0歳~中学校卒業までの児童の医療費を、入院・外来ともに助成

静岡県三島市

■対象

入院及び通院医療費について、0歳から15歳到達後最初の3月31日までの間にある子ども

千葉県成田市

■対象

成田市に住民登録があり健康保険に加入している中学生まで

(15歳になった以後の3月31日まで)のお子さんの医療費の一部を助成

東京都新宿区

■対象

こどもが15歳に達する日以後の最初の3月31日までであること

山形県酒田市

■対象

0歳から中学3年生は、通院費および入院費が無料

山梨県南アルプス市

■対象

18歳(満18歳に達する日以後の最初の3月31日)まで

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする