高額療養費支給申請の手続き


大きな負担のかかる手術を受けた場合、必ず適用を受けたい手続きがあります。

高額療養費支給申請という自己負担額以上の医療費の支払いが発生した場合に支給されます。

支給される金額は世帯の収入や年齢などによって金額は変わります。

国民健康保険などの適用になる医療費だけが対象となることがほどんどです。

そのため食事代や保険適用外の差額ベッド代は対象にならないものと考えます。

国民健康保険の担当課には、医療機関からのレセプトという情報が届いています。

どのような病気でどこの医療機関を利用したのか?という内容です。

それを元にしてお住まいの自治体から該当する場合は通知が来きます。

通知が届いたら早めに手続きをしてしまうのが良いです。

申請の時効がある場合もあります。

金額も大きいですので、うっかり忘れることは無いと思いますが。

入金までに申請して該当してから数か月かかることが多いです。

指定の口座に限度額以上の支払い分の一部負担金が振り込まれます。

特に国民健康保険税に滞納がある場合は、これを適用できなくなります。

その他の制度もそうですが。

税金関係を支払っていないと受けられなくなるサービスは多いです。

高額療養費支給申請の手続きのお問い合わせをする場合。

国民健康保険の担当課や住民税の担当課に問い合わせるとスムーズです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする