自動車購入・通勤費用の補助制度がある自治体

自動車に関する補助制度を実施している自治体があります。

若者世代や新たな人口流入を目的としたものですが、意外に手厚くて驚きました。

新たな地域で仕事を始めようと考えている方は、活用してみても良いかもしれません。

地域は限られるようですが、数年分の通勤費が補助されるのは大きいと思います。

会社からの通勤費支給はありますが、自治体からの補助があるケースは少ないようです。

これはちょっと羨ましく思うかもしれませんね。

スポンサーリンク

自動車購入・通勤費用の補助制度がある自治体

自動車購入の補助制度

茨城県結城郡八千代町

■八千代町Iターン者軽自動車購入助成金

〇助成金額

新車の軽自動車1台につき10万円(※助成金の交付は1世帯につき1回限り)

長野県北安曇郡小谷村

■定住促進事業補助金

〇助成内容

転入されてから3年以内の皆さんにポイント(特典)を付与。

小谷村での生活や仕事に必要となる補助を受けられる制度。

【ポイントが使える補助事業】

★自動車購入費:上限50万円

その他生活するための補助事業あり

通勤用自動車や免許取得費の貸付制度

新潟県糸魚川市

■ふるさと就職資金貸付制度

〇利子相当分の補助

新規学卒就職者、単身U・Iターン就職者、家族U・Iターン就職者により貸付額の上限あり。

貸付利率は年利1.35%で貸付期間は5年以内。

通勤費用の補助制度

愛知県北設楽郡東栄町

■移住者通勤支援補助金

〇片道通勤距離に応じた金額

★自動車、自動二輪車、原動機付き自転車で通勤の場合

〇6か月定期代金の2分の1の金額

★鉄道を利用しての通勤の場合

長崎県島原市

■定住促進通勤支援補助金

〇支援額 ※月額上限2万円

公共交通機関利用の場合と自家用車利用の違いあり。