自治体の実施する公売で自動車を安く購入する

僕が市役所で働いていた時に、自動車や住宅を何度も差押えていました。

納税相談をせず税金を払う意識のない、税金滞納をする方々が対象です。

税金を払わずに新築の家を建ててしまうとか、悪質な場合ですね。

自動車はタイヤを特殊な器具でロックして動かせないように。

住宅や土地は法務局で差押えの登記をして売買させないようにしています。

差押えと聞くと珍しいかもしれませんが、かなり件数は多かったです。

差押えとは家や土地、自動車などを誰かに売ってしまうことを禁止するようなことです。

そして、滞納した税金に充てるための担保として確保し、状況によって公売をしました。

どのくらいの金額で売れるかは、その時々ですが。

オークションなので、競争が少ないとあまり高く売れないこともあります。

売られてしまうと困るので、慌てて公売の日までに税金を全部納める人もいますので。

税金の滞納が無くなったり、他の事情などがあったり必ず公売が実施されるとは限りません。

差押え以外に自治体の公用車や公有地の公売もある

市役所では何年も乗った走行距離が10万キロオーバーの公用車を公売します。

また、活用する予定のない土地などを公売することがあります。

これらは、公売が行われる可能性が高いです。

主に商業利用する方が公売情報をチェックしているようですね。

高級車や新しい車、バイクなどが公売で安く売られる場合も

自治体の公売は2つのパターンがあります。

■官公庁オークション(ヤフオク!)を使ってネット公売

■広報誌やHPで公売のお知らせをして会議室などで公売

触ることはできませんが、自動車などは下見会で実物のエンジンをかけて見せたりしました。

高級車やまだ新しい車、バイクなどもあり、状況によっては安く購入できることもあります。

※不動産は所有権移転など不動産業をしていないと参加は難しいです。

家などは滞納した人が嫌がって立ち退かないと面倒なことになる場合もあります。

どこの不動産屋さんが公売物件を競り落としたか、チェックしておくのはアリです。

あなたがお住まいの自治体や近隣の自治体で自動車公売をしているかもしれません。

公売の情報を時々チェックすると、意外にお得なものが見つかるかもしれません。

ヤフオク!を見ると全国の官公庁オークションで出品されたものもあります。

家電などもあったりしますので、普通のネットオークションと同じように使えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする